キョウツカ・すっきりするブログ

医薬品登録販売者として長く勤務しました(今は休業中)。美容や健康、すっきりする話をご紹介します。

リネンのキッチンクロスでやる気100倍[ステイホームの家事を楽しくする方法]


f:id:base2323:20210124211731j:plain

 

こんにちは。

医薬品登録販売者で、食生活アドバイザーの資格取得のため勉強中のyamakoです。

 

"StayHome"で洗い物がどんどん増える今日この頃。

今回は楽しく台所仕事をするための一品をご紹介します。

 

先日、このような記事を書きました。

 

base2323.hatenablog.com

 お皿を拭くリネンのクロスが破れたので、身近なもので繕ったという地味なお話です。

 

世の中的には、もうしばらく前から、多種多様な食器洗浄機が出回っております。

食事の後片付けは機械まかせという方も増えているかと思います。

 

ですが残念なことに、yamakoの古アパートのミニキッチンには、そんな素敵な選択肢はありません。

すべて手洗いして、ある程度自然乾燥、仕上げでリネンクロスで拭きあげています。

リネンクロスで拭きあげると、特にグラスはとてもキレイになります。

(単に、自己満足のための作業と言っても、過言ではありません)

同じような境遇の方、いらっしゃいますよね?

 

 

さて、そんなyamakoのささやかな楽しみの為に、今回購入したのは、▼コチラ▼です。

f:id:base2323:20210124132634j:plain

 

リネンの専門店『カリエンテ』の大判キッチンクロスです。

サイズはおよそ47cm×70cm。

16種類ある中から、こちらのカンパーニュの緑ラインを選びました。

緑色が好きなyamakoの、必然的なチョイスです。

 

 

ところで。

実は、と言わないまでも、みなさん実感していらっしゃるかもしれませんが、日々、淡々とこなしているつもりの家事も、実はストレスになりがちです。

もちろん家事・片付けが大好きという方もいらっしゃいますよね。

ですが、

  • なんで私だけ
  • 他にしなければならないことがあるのに
  • キッチンが冬は寒すぎ、夏は暑すぎ

など。

短い時間かもしれませんが、小さなイライラが発生しやすい状況です。

 

でも、ちょっとしたアイテムで、気分を変えることもできるかもしれません。

前向きな気持ちになるキッカケが大切です。

 

 

 

前回繕ったものもそうですが、今使っているクロスは、白くて滑らかなタイプのリネンです。

f:id:base2323:20210124133329j:plain

これは『fog linen work』というブランドのもので、とても手触りがよくて、何年も大切に使っています。

柄が豊富で、グレンチェックやヘリンボーンもあります。

 

 

fogのキッチンクロスは▼コチラ▼で購入出来ます。

yamakoのクロス↑も載っていますよ。

(サイズはカリエンテよりちょっと小さめの45cm×60cm)

ぜひチェックしてみてください。

 

▲[キッチンクロスはメール便で送料無料]▲

 

『fog linen work』のかわいいデザインのものを今までも数枚使っていたので、今回はちょっと違うタイプをと思い、カリエンテさんでカンパーニュを選んでみました。

 

リネンにも種類があって、しっかりして若干ごわつくものや、薄手でなめらかなもの、ウールのような風合いのものなど色々です。

 

カンパーニュはかなりしっかりした厚地です。

地味ですが、丈夫で長持ち、生活の中で仕事を助けてくれるタイプです。

 

f:id:base2323:20210124135618j:plain

商品と一緒に、取り扱いについてくわしい説明が入っています。

とりあえず読みましょう。

 

f:id:base2323:20210124135730j:plain

そして洗います。

最初なので、アクロン(蛍光増白剤の入っていない洗剤)でしっかり手洗いです。

 

この色のリネンだとわずかに茶色く水が濁ります。


できれぱ最初のうちは単独で、あるいはタオルや靴下など、万が一染まっても被害が少ないものと洗いましょう。

念のためです。

 

f:id:base2323:20210124140032j:plain

乾くとこんな感じで、「ザ・リネン」という風格が出てきます。

洗っている写真とくらべて、かなり白っぽいですが、濡れると色が濃く見えるだけで、盛大に色落ちした訳ではありません。



リネン(麻)は、とにかく乾くのが早い。

リネン自体にも抗菌作用があると言われていて、清潔感がありますね。

リネンの繊維に含まれるペクチンの効果で、汚れが染み込みにくいそうです。

 

マイナスポイントは、シワになりやすい、少々縮むということ。

乾かしている最中に、何度か生地をパンパンしてきっちり整えるか、生乾きの状態でアイロンをかけると、シワなくキレイに仕上がります。

キッチンクロスなら、干す時に整えるくらいで大丈夫です。

 

f:id:base2323:20210124145227j:plain

キッチンのフックにかけるとこんな感じです。

 

 

今回購入のカンパーニュは、長い方の縁(へり)の中央にリボンがついています。

愛用のfogのクロスは、短い方についているので、かけるとかなり縦長になります。

リボンの位置の良し悪しは、かけるフックの場所や使い方にもよりますよね。

yamakoは今回、こちらのタイプでラッキーでした。

 

f:id:base2323:20210128102307j:plain

 

今までのfogよりも、一回り大きいので、お皿も余裕でがっちり掴めます。

これでますます洗い物が楽しくなります。

 

今まで、リネンのキッチンクロスが気になっていた方は、洗濯物が乾きにくいこの時期、試すチャンスです。

 

夏の洋服では定番のリネン。

実は年間通して、生活を楽しませてくれる素材です。 

ちょっと高いかもしれませんが、独特の風合いと数年使えるもちのよさで、きっと応えてくれるはずです。

 

 

それでは、また。

 

 

 

◆参考サイト◆

リネン専門店カリエンテ

くらし舎

clocomi

wafu

 

 

base2323.hatenablog.com

base2323.hatenablog.com

base2323.hatenablog.com