キョウツカ・すっきりするブログ

医薬品登録販売者として長く勤務しました(今は休業中)。美容や健康、すっきりする話をご紹介します。

結局、AirPodsを買いました[中年女子のデジタル化は前途多難]

こんにちは。

医薬品登録販売者で、食生活アドバイザー資格の勉強をしているyamakoです。

 

今回、勉強のやる気を育てるために、購入したのが▼コチラ▼です。

f:id:base2323:20210117142250j:plain



 

Apple AirPods with Charging Case

 

Apple社製のワイヤレスイヤホンAirPodsです。

ライトニングケーブルで充電する、一番安価なタイプです。

しかし、ワタクシ的には高額です。

Appleの定価は税込で19580円です。

 

私、yamakoは2020年12月に、格安スマホからiPhoneSE(第2世代)に機種変更してから、どうすれば使いやすくなるかと試行錯誤をしています。

 

ケースもあれこれ買って試してみたり。

base2323.hatenablog.com

▲気に入って現在も使用中。革の味が出てきました。

 

今回は純正のワイヤレスイヤホンを購入です。

 

実は2020年9月に買った、▼別のもの▼を持っていました。

Anker Soundcore Life P2

5000円くらいです。

こちらも音はよかったのですが、いくつか問題もありました。

 

 

 

ここでイヤホンの形について、ちょっと説明させていただきます。

 

カナル型イヤホン◆

耳栓型のイヤホンです。

yamakoが最初に買ったAnker(上の写真)がこのタイプになります。

しっかり耳の中に入るので、つけるだけで周囲の音をかなり遮断してくれます。

音漏れもしにくく、迫力のある低音+小さな音も聴きとりやすいなど、音質に優れているタイプです。

外れにくいので、動く時にはこちらのタイプがオススメです。

ですが、後ろから来た自転車の音、車の音、何かを落としてしまったときの音。

全部聞こえづらくなるので、気をつけましょう。

 

 

◆インナーイヤー型(イントラコンカ型)イヤホン◆

AirPodsがこの型です。耳の凹みに乗せる感じです。

(AirPods Proは形が違います)

中まで入れないので、周囲の音もちゃんと聞こえます。

周りの音を遮断したくないときに向いています。

例えば玄関のチャイムとか、レンジの音とか。

例えば家族が呼んでいる声だとか。

聞こえた方がいい音があります。

そのかわり、音がまわりに漏れます。

聴く時には音量にとくに注意が必要です。

イヤホンを耳に乗せるだけという構造ゆえに、耳から外れやすく、音質も基本的に低音は迫力不足、細かい音も聴きづらいと言われています。

 

 

 

両方のタイプでいいところ、いまひとつなところがあります。

ところが、yamakoはもっと個人的なところでつまづきました。

問題は、私自身の耳と鼻の構造でした。

カナル型だと、自分の鼻息が気になるのです。

本当です。

もともと鼻が悪くて、鼻腔内が狭くなっています。

ある程度の音量で音楽を聴くには大丈夫ですが、私が聴くのは環境音(街の喧騒、波の音、雨音など)がほとんどです。

気になります、自分の鼻息が。

 

さらに、たまたま購入したAnkerの接続不良問題がありました。

リセットすれば治りますが、それもだんだん面倒になってきました。

とくに一番新しいiPhoneSEでも同じ現象が起ることにきづいた時は、脱力しました。

 

 

そのような出来事もあり、インナーイヤー型イヤホンで、接続に問題のなさそうなAirPodsを思い切って買いました。

f:id:base2323:20210117142149j:plain

接続は良好、鼻の悪い私でも、鼻息が気になりません。

ただ本当に、耳に乗せている感じなので、接続は途切れなくても机を離れるときは置いてゆきます。

まさか、キッチンやトイレで水没なんてうっかりが起きたら大変です。

音質は好みの問題ですが、たしかに音が薄い気がします。

しばらく使っていると慣れますが、たしかにパンチはない。

 

 

それと、ケースがツルツルでとてもきれいです。

ですがもちづらい。

滑ります。

イヤホンをケースから出すのにも、イヤホンがツルツルして掴めなくて大変でした。

ケースから頭がちょこっとしか出ていないのです。

f:id:base2323:20210117203559j:plain

▲すでにシリコンのケースカバー装着済です▲

コツはガッと掴むこと。

説明になってませんね。

いえ、それでも出すときにちょくちょく落とします。

とにかくツルツルです。

 

上の写真では、すでに落とさないようにシリコンのケースカバーをしています。

セリアで買いました。

f:id:base2323:20210117142310j:plain

本体はしっかり入ります。

フタの開閉部分は、雑な感じでかなり隙間があります。

ある意味、開けやすいです。

 

底には、充電のためのライトニングケーブル差込口を装備。

f:id:base2323:20210117142325j:plain

使わないときは、フタができます。

もともとAirPodsのケースの底にはフタらしきものはないので、これは安心です。

 

余談ですが、ネコ柄のマスキングテープは、ダイソーで買ったものです。

3センチ幅のテープで、下にちょっとだけしわが寄ります。

 

世の中には、AirPods用の可愛いケースがたくさん売られています。

イヤホン本体にはめるものもあるので、滑り止めになるかと思います。

yamakoは家から持ち出さないので、100円ショップで十分ですが、持ち歩く方はケースは必須です。

とにかくツルツルなので。

 

1回の充電で5時間、充電ケースとの併用で24時間以上使える仕様です。

くわしくは、Appleの公式サイトでご確認ください。

AirPods[Apple公式サイト]

 

 

Appleユーザーで、でもデジタル機器が苦手で、でもワイヤレスイヤホンいいかなとお考えの方には、強力にオススメします。

接続やいろいろ、細かい心配がまったくいりません。

買うだけです。

ドキドキしながら箱から出すだけです。

 

そのかわり、音質にこだわりや、希望がある方は(低音重視とか)、ぜひ他のメーカー、ブランド、さらにはAirPodsでも"Pro"の方もご検討ください。

yamakoとしては、音楽でもYouTubeやAmazonMusicで聴く限りでは、あまり音質は気になりません。(あくまで個人の感想です)

 

 

今回は簡単に使えるインナーイヤー型ワイヤレスイヤホン『AirPods』をご紹介しました。

これで勉強もはかどるはずです。

頑張りましょう。

 

 

それでは、また。

 

 

 

base2323.hatenablog.com

 

 

base2323.hatenablog.com

 

 

base2323.hatenablog.com