キョウツカ・すっきりするブログ

医薬品登録販売者として長く勤務しました(今は休業中)。美容や健康、すっきりする話をご紹介します。

スマホの写真を作品として本にする

自分の写真で、作品集ができたら、素敵だと思いませんか?

 

これまでも、フォトブックをご紹介してきました。

 

base2323.hatenablog.com

 base2323.hatenablog.com

 

初めての方でも、簡単に手軽に作れるタイプや、大切なお子様の作品集として映える、ちょっと変わったフォトブックです。

それぞれのフォトブックにも個性があって、内容や目的に合ったものを選ぶことができます。

 

そして今回は、ついに「そこそこ写真には気合が入っているかも」という方に、ハードカバーのフォトブックをオススメしたいと思います。

 

■ ■ ■

 

 

■ ■ ■

 

 

 

いろんな人が「写真好き」だという事実

スマホの写真アプリの多さが、それを物語っています。

衝撃的な出来事はもちろんですが、日常の中でも写真を撮る機会は確実に増えていますよね。

 

f:id:base2323:20200810172836j:plain

 

ところが、です。

「写真が好き」「撮るのが好き」でも、特別プリントはせず、スマホの画面で、またはPCの画面上で写真を見ているだけ、という方も多いのではないでしょうか。

 

もし、プリントが必要でも、わざわざ写真屋さんやプリント専用の機械のある場所へ行くより、家や立ち寄ったコンビニでさっと印刷できます。

 

「写真が好き」でも、プリントにまでこだわる人は少ないのも、これまた事実です。

 

 

スマホ時代、あえて、本にしてみる

今回オススメするのは、スマホやネット、店頭で注文できて、高画質のきちん感のあるフォトブックが作れるサービスです。

 

理由は、スマホの中にしまわれている画像でも、素敵な作品だからです。

それこそ管理人のyamakoが写真を撮っていた頃は、フイルムを使って撮影して、現像、プリントという流れが必要でした。

そうしなければ作品にならなかったからです。

 

でも今は違います。

フォトショップほど大げさでなくても、加工アプリはたくさんありますし、自由に撮った写真をアレンジすることができます。

それはもう修正というより、芸術的な自己表現です。

 

そして、自分の撮った写真がきちんと印刷した本になるということは、作った本人にとっても、そこに写った人にとっても、特別な出来事になります。

 

もしかしたら、これからは、遠くまで「誰か」に会いに出かけて行くことが、ちょっと難しくなるかもしれません。

直接会えない「誰か」にとっても、特別な一冊です。

 

f:id:base2323:20200811155953j:plain

 

 

コストを抑えて、高品質をねらう

値段を抑える方法はいくつかあります。

  1. 品質を下げる
  2. ページ数を減らす
  3. 製本を変える

つまり、この3点すべて揃えば、かなり安く仕上がります。

ただ出来上がったものに満足いくかは別の話です。

 

今回は「素敵な作品集を作りましょう」と提案しているのですから、管理人としては1番の品質は譲れません。

印刷の悪い写真、雑な製本では、せっかく作る意味がなくなってしまいますよね。

 

となると、必然的に考えるべきは、2番3番ということになります。

 

ページ数は、使う写真の枚数とレイアウトで工夫できます。

パソコンやスマホから注文可能です。

時間をかけて、最良のレイアウトを選びましょう。

 

製本については、ソフトかハードか、ここも問題です。

 

今回のyamakoのオススメは、『カメラのキタムラ』オリジナルのフォトプラスブックです。

そちらを例に説明いたします。

「カメラのキタムラ」フォトブック  

 

フォトプラスブックには背表紙が糊付けのソフト仕様本と、ページとページの継ぎ目がなく、絵本のようにフラットに開くハード仕様本があります。

 

この2種類はかなり雰囲気が違っていて、「ソフト」は冊子、「ハード」は本といった仕上がりです。

 

「ソフト」の良い点は、値段が安いこと(A5サイズ/22pで2000円)と、かさばらないことです。

 

「ハード」の方が、少々値段が高くなります(A5サイズ/22pで3000円)が、本としてしっかりした作りです。

見開きページにまたぐようなレイアウトもきれいです。

 

 

f:id:base2323:20200811153227j:plain

 

 

理想の作品集に近づける

▶︎製本▶︎

フラットに開かなくても大丈夫、価格重視なら無線綴じの「ソフト」で。

本としての出来栄えにこだわるなら、レイフラットの「ハード」で。

どちらでも、きれいな仕上がりです。

 

今回ご紹介したシリーズ以外だと、また別の製本があります。

リングで綴ってあるタイプ(リングノートをイメージしてください)、真ん中をホチキスでとめてまとめた簡単な冊子タイプなどです。

 

▶︎印刷▶︎

『カメラのキタムラ』オリジナルのフォトプラスブックは、写真は印刷仕上げです。

(印画紙のプリントは写真仕上げとよびます)

写真屋さんらしく繊細で色のバランスも良い、とても見やすい写真に仕上がっています。

店頭見本で、ぜひ実際のプリントをご覧ください。

 

カメラのキタムラは、全国各地にお店があります。

スマホやパソコンの操作が苦手な人は、困ったら店頭で作ることもできます。

この機会にぜひチャレンジを。

 

 

FUJIFILMフォトブックハードカバーとイヤーアルバムは、写真のプリントが「写真仕上げ」と言われるタイプで、印画紙にプリントされています。

これもまた、雰囲気がまったく違ってきます。

店頭で現像プリントをお願いした時に出てくる「写真」を想像すると、わかりやすいかと思います。

 

「本」としてのこだわりがあるなら、あえて印刷仕上げという手もあります。

変な言い方ですが、「写真」は写真(L判のプリントなど)として見たことのある、ある意味普通の仕上がりでもあるからです。

写真か印刷物か。

理想はどんなスタイルでしょうか。

 

▶︎納期▶︎

納期は通常だと1週間程度ですが、連休やキャンペーンの期間中、その他色々な状況で変わることがあります。

お急ぎの場合は、必ずお店のHPで確認してくださいね。

 

 

 

製本も、写真の印刷方法も、それぞれにいいところがあります。

シリーズによって選べるサイズや製本、注文方法も違ってきます。

どんな作品集(フォトブック)を、どんな感じで作りたいのか、じっくり検討しましょう。

 

 

 

■ ■ ■

 

スマホでもカメラでも、何で撮ったかは関係なく、素敵な写真集にできます。

旅行やお出かけをひかえて、家にいるだけではもったいない。

ぜひ、今持っている写真を見返してみてください。

きっと、大切にしたい写真があるはずです。