キョウツカ・すっきりするブログ

医薬品登録販売者として長く勤務しました(今は休業中)。美容や健康、すっきりする話をご紹介します。

掃除をして一石三鳥をねらう

こんにちは。

医薬品登録販売者資格者のyamakoです。

 

お世話になっているHatenaBlogさんの今週のお題は「運動不足」。

 

たった今、自分としても壮絶な運動をやりとげたところです。

マスクをして、『部屋の掃除機がけフルコース』。

 

マスクをしていたのは、コロナ対策ではなく、アレルギー対策です。

うちの古い掃除機は、気持ちよくばんばん排気するので、排気した勢いで、新たなホコリが舞っているのではと思うくらいです。

 

いえ、実際そうだと感じています。

マスクなしで掃除機をかけると、大抵くしゃみ鼻水が止まらなくなるからです。

そして、だからきっと高くてもダイソンの掃除機が売れるのです。

 

 

room

 

 

ところで、掃除をするよい点は、気分がすっきりすることと、多少なりとも運動になるところです。

 

軽くて片手でもスイスイという掃除機ならともかく、いかつくて重い掃除機を引き回しつつ、物をどかし、屈んでベッドの下、ブラシを付け替えて窓枠まで、あちこちかけていると、だいぶ疲れます。

マスクしていると尚更です。

 

私の場合は、終わったところで、座ってお茶を飲みながらチョコレートなど食べて一服。

消費したカロリーはすぐに補給されるので、ダイエットにはなりません。

 

ですが、ポイントは、

  1. 脳内物質による効果
  2. 部屋が片付いたことによるストレス軽減

です。

 

体を動かすことによって、まず交感神経が活発になります。

交感神経というのは、自律神経(自分の意思では動かせない自動運転の神経)の中でも、「行動する」方の神経です。

こちらが活発化すると、どんどん体の機能も「行動する」方へ傾きます。

心臓や血圧もそうですが、気分的にも「前向き思考」になります。

掃除を始めると、どんどん勢いがついて、あっちもこっちもやっちゃえ!となるのは、こういう脳の働きが関係していると思われます。

 

掃除などで体を動かし続けていると、ワクワク感が増すドーパミンや、幸せ物質のセロトニンも分泌されるので、ますます充実感が得られるかもしれませんね。

 

そしてさらに。

部屋が清潔になる、片付いた状態になるとストレスも軽減されます。

ほこりや落ちている髪の毛、淀んだ空気は、知らずに気分を落ち込ませていることがあります。

気にならない人は、気にならないとは思いますが、一度きれいにすると、気分的にも軽くなりませんか。

「やらなければならないこと」や「やった方がいいこと」を後回しにすること自体が、ストレスのもとになったりもします。

 

実は私も部屋が気になっていたので、さっぱりしました。

 

物が片付けられると、探し物も減りますし、次の掃除が楽になります。

 

最後に、運動をかねた掃除なら、効率は考えずに、目についたところからどんどん進めた方が体が動く気がします。

「動くこと」が目的でもあるので、自分が楽しいと思う方法と方向性で、おもいつくままやってしまいましょう。

 

得られるのは、満足感とすっきり感です。

あと、運動不足解消、カロリーの消費も少し。

 

一石三鳥です。

 

それでは、また。

 

◆ 参考サイト ◆

交感神経[Wikipedia]

 

 

base2323.hatenablog.com

 

base2323.hatenablog.com

 

base2323.hatenablog.com