キョウツカ・すっきりするブログ

医薬品登録販売者として長く勤務しました(今は休業中)。美容や健康、すっきりする話をご紹介します。

『ポケットモンスター』を知らない大人が観る『名探偵ピカチュウ』

こんにちは。

ちまちました一人暮らし満喫中のyamakoです。

 

HatenaBlogさんの今週のお題は「最近見た映画」です。

 

 

AmazonPrimeVideoで『名探偵ピカチュウ』の字幕版を観ました。

 

タイトルにもある通り、ワタクシは『ポケモン』じたいをよく知りません。

ピカチュウと言えば、黄色い電気を発する生き物。

主人公の男の子は、えーと、名前が出てこない…。

そんな感じです。

内容も、悪と戦うのか、ひたすらバトルしてテッペン目指すのか、わかっていません。

 

そんなワタシが、映画を観た感想です。

 

面白かった。

 

この一言につきます。

 

ストーリーは、ポケモンをベースにしたまったく別の話です。

もともとの話を知らなくてもわかるくらい、『日本のアニメーション』とは程遠い、描写と登場人物、設定なのです。

 

ただ、そこが、アニメを観たことがないワタシには、入りやすかったポイントかもしれません。

いわゆる『普通の映画』っぽいからです。

さえない青年と、黄色くて可愛い小動物が出てくる『特撮映画』、あるいは『冒険』、あるいは『推理』もの。

もしかしたら『コメディー』と感じる方もいらっしゃるかも。

 

ポケットモンスター』がもちろんベースですので、本来の『ポケットモンスター』の内容や設定は、劇中のアナウンスの1つとして説明があります。

個々のポケモンについても、ピカチュウや青年が語る形で解説されることがあります。

 

舞台は、すこしだけ近未来感がある現実社会です。

ポケモンがパートナーとして、人とくらす世界。

もしかしたら、ポケモンが好きな人たちが夢見る「リアルな世界」かもしれません。

こういった街の光景は、異世界というよりは、日常として違和感なく描かれています。

(ワタシは『ブレードランナー』というSF映画を思い出しました )

 

 

観はじめてしばらくして、渡辺謙さんが出てきて、おーっと思っている間に、黄色い物体が出てくるのですがー。

 

あれ?

ピカチュウ??

 

"似て非なる"とはこのことです。

確かに見た目はピカチュウですが、とにかくクセ強めというか、なんと言いますか。

喋りまくるわ、毒は吐くわ、仕草がアメリカンだわ。

 

しかも、話が進むにつれて、それまでの口の悪さを棚に上げ、いきなり「ピカピカ♫」などと言い出し、

「可愛い俺に何しやがる」

と、自分の可愛さを利用して難を逃れようとする"あざとさ"を見せる…。

 

ピカチュウって、なに????

 

こんなに面白いキャラクターなら、たぶんワタシはアニメを観ていたと思います。

 

 

映画の内容については、書くと2行くらいで終わります。

あくまでも『ポケットモンスター』です。

子供向けという安心感は健在です。

 

ですが、笑いあり、笑いあり、涙あり、笑いあり、涙あり。

忙しくも、楽しい展開、時間はあっと言う間に過ぎてゆきます。

そして最後に、「あー、そうだったのか」と、すべてが納得できる結末が。

娯楽映画としては、満点のできばえだと思います。

 

はたしてそれが、"もとの『ポケットモンスター』を知らないから"なのかはわかりません。

ポケモン好きな方も楽しめる映画だと嬉しいのですが。

 

ワタシのツボは、毛並みが薄汚れたピカチュウのリアルさです。

色々あって、かなり汚れます。

そして、泣けるのです。 

夜中に、湯豆腐食べつつ、薄めた缶チューハイ飲みながら観て、号泣。

いい夜でした。

 

 

ポケモン』を知らない大人にも、おすすめの映画です。

ぜひご覧あれ。

 

それでは、また。

 

 


base2323.hatenablog.com

 

 

base2323.hatenablog.com